エスティーエンジニアリング株式会社

ST ENGNEERING CORPORATION

「会社紹介」ページへ 「営業品目」ページへ 「ダウンロード」ページへ 「施工実績」ページへ 「お問い合わせ」ページへ ホームページトップへ
ホーム 営業品目 ロックボルト工法 注入式本設ボルト工法(≦3.0m)
ロープ足場での注入式本設ボルト工法

NETIS登録No:KK-120052-A

「SPレッグドリル」
SPレッグドリル 孔が自立しない地山の経済的な短尺ロックボルト

積極的な2方向加圧注入 確実な全面定着の実現!
アクセスが困難で、孔が自立する地山ではロープ足場で施工するレッグドリル工法が多用されてきました。これに対して「SPレッグドリル」では積極的な「2方向加圧注入」を採用し、孔が自立しない地山でもレッグドリルで3.0mまでの本設ボルトの施工を可能にしました。また、この加圧注入を応用し、老朽化した法面覆工物の補修にも利用いただけます。

詳細項目
施工手順(汎用の短尺鉄筋挿入工に適用の場合)
施工手順(既設覆工物の補修ボルトに適用の場合)
SPボルト設計諸元、その他
施工写真
各資料ダウンロード  >>ダウンロードページ
CAD図面 「SPレッグドリル」のカタログがダウンロードできるページへ
PDFファイル NETIS(抜粋A4×6枚)【0.9MB】

レッグドリルマシン(Lmax=3.0m):削孔径=φ45mm、50mm 短尺3.0mまでのロープ足場施工 レッグドリル削孔状況 ハンドハンマー削孔状況

 ○施工手順

 
汎用の短尺鉄筋挿入工に適用の場合既設覆工物の補修ボルトに適用の場合
汎用の短尺鉄筋挿入工に適用の場合
@レッグドリルによる削孔状態
A削孔完了・口元コーキング
B孔内充填、オーバーフロー確認
C先端側からの加圧注入
D口元側からの加圧注入
※ボルト長さが2.0mより短いときは、C先端加圧(P1)とDロ元加圧(P2)の注入工程を一括実施することができます。
既設覆工物の補修ボルトに適用の場合
※@、Aの施工手順は上記(汎用の短尺鉄筋挿入工に適用の場合)と同じ。
レッグアダプタ取り外し時に、「カラー付きスリーブ」も回収します。
B孔内充填、オーバーフロー確認
C一括注入
※既設覆工物の補修ではボルト長を2.0m以下に限定し、先端側とロ元側から「P1加圧で一括同時注入」します。

ページの先頭へ

 ○SPボルト設計諸元、その他
 

呼称

腐食シロ=0.0mm 腐食シロ=直径1.0mm
外径/内径
(mm)
断面積
(mm2
降伏
(kN)
破断
(kN)
外径/内径
(mm)
断面積
(mm2
降伏
(kN)
破断
(kN)
SP32横穴付ボルト φ31.4/17.0 350 158 198 φ30.4/17.0 314 141 177
1)断面積はφ8mmの横穴欠損分を考慮した値です。横穴を考慮しない腐食シロ=0.0mmの断面積は450(mm2)です。
2)本設ロックボルトとして、腐食シロ1.00mmを低減した、みかけの許容引張荷重=141(kN)×2÷3=94.00(kN)です。
3)本設ロックボルトとして、腐食シロ1.00mmを低減した、みかけの許容引張応力=94.00(kN)÷314(mm2)=299(N/mm2)です。
部品
SPレッグドリル用スイーベル
 SPレッグドリル用スイーベル

ページの先頭へ

 
 
   All Rights Reserved, Copyright(C)ST ENGINEERING CORPORATION 2004-